JA尾道総合病院では生命の尊さと人間愛を基調に、医師・看護師ともに力を合わせ、病める人々を守り、地域の基幹病院としての自覚を持ち、常に新しくより高い知識の習得と技術の研鑽に励みます。

JA尾道総合病院

ホーム ≫ 診療のご案内 ≫ 診療科一覧 ≫ がん診療支援外来(緩和ケア内科)

1-1がん診療支援外来(緩和ケア内科) / 概要

診療科 「がん診療支援外来(緩和ケア内科)」 のご案内です。 当科の概要、診療の内容、先生の紹介や実績などをご案内いたします。当科メニューの中からご覧になりたい項目をクリックすると、詳細ページへリンクします。

2014年4月より院内の緩和ケア体制を変革し、外来の名称を緩和ケア内科から「がん診療支援外来」に変更しました。理由としては、緩和ケアという言葉に「看取り・終末期」といった従来あった負のイメージを払拭し、積極的に利用いただくためです。
緩和ケアについてはメディカル情報をご覧ください。

当科の方針としては、がん患者さんの症状の緩和や精神的なフォローだけでなく「積極的緩和ケア」を目指し、緩和ケア治療としての化学療法や外科的手術などを取り入れ、患者さんの抱える問題を解決していくというものです。
緩和ケア=終末期、あきらめの医療ではなく、緩和ケア内科=がん医療に特化した診療科として、がん治療の窓口であり、希望でありたいと思っています。

がん診療支援チーム

1 緩和ケアとは
『緩和ケア』という言葉を聞くとどのようなイメージをお持ちになりますか?終末期で、手のほどこしがない状態の人が行く所というイメージがありませんか?『緩和ケア』とは、重い病を抱える患者やその家族一人一人の身体や心などの様々なつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることが出来るように支えていくケアのことです。緩和ケアは、治療のどの段階からでも受けられる医療です。

2 がん診療支援チーム(緩和ケアチーム)
がん診療支援チームは、医師、看護師、薬剤師、理学療法士、栄養士、医療ソーシャルワーカー、臨床心理士、医療事務など多職種で構成されています。チームの担当者が、定期的に病室を訪問し、診察を通して、症状をコントロールしながら、患者さんとご家族の価値観を尊重しその人らしく生きるためのお手伝いをしていきます。

3 がん診療支援外来(緩和ケア内科)
がん診療支援外来は、毎週火、水、金曜日 午前中に診療しています。予約制です。在宅で過ごす中での困っている事や、気になっている事など何でもお気軽にお話し下さい。

緩和ケアチームの支援を希望される方は、生活のしやすさに関する質問票にご記入下さい。病気の時期に関係なく、主治医あるいは病院のスタッフ・医療福祉支援センターにいつでも、ご相談下さい。
窓 口 がん相談支援センター(1F医療福祉支援センター内)

0848-22-8111(代表)

外来受付時間
午前   則行 則行   則行

 
btm
 

ページ先頭へ戻る