JA尾道総合病院では生命の尊さと人間愛を基調に、医師・看護師ともに力を合わせ、病める人々を守り、地域の基幹病院としての自覚を持ち、常に新しくより高い知識の習得と技術の研鑽に励みます。

JA尾道総合病院

ホーム ≫ 診療のご案内 ≫ 診療支援/事務 部門一覧 ≫ 病理研究検査科

1-1病理研究検査科 / 概要

診療支援/事務 部門 「病理研究検査科」 のご案内です。 当科の概要、診療の内容、先生の紹介や実績などをご案内いたします。当科メニューの中からご覧になりたい項目をクリックすると、詳細ページへリンクします。

病理研究検査科 当科では、どのような検査をしているのか紹介いたします。

A. 病理組織診
1. から4.の種々の検体を顕微鏡標本にして病理診断を行います。

1. 生検(biopsy)
胃・大腸内視鏡検査などで病変の一部(小さな組織)を採取し、良悪性を判定します。

2.切除生検(excisional biopsy)
皮膚などの病変の全体を採取して、良悪性や病変の由来を推定します。

3.手術による摘出(surgical excisionまたはresection)
手術により、病変を含めて提出された組織を詳細に検索します。

4.迅速診断(frozen section diagnosis)
手術中に出来るだけ早く組織標本を作製し、病理診断を下します。手術の方向性を決定する情報を臨床医に提供します。

B. 細胞診
尿、喀痰、子宮頸部などから採取される細胞を良性か悪性か、感染症の原因である細菌や真菌が存在するか等を顕微鏡標本にして診断します。

C. 病理解剖
病気で亡くなられた患者さんの全身を検索を行い、病理学的に検討し、今後の診療などに役立てています。

 

2016年 実績件数
病理組織診 7017件

細胞診   7372件
迅速診断   648件
病理解剖         23件

 
btm
 

ページ先頭へ戻る