JA尾道総合病院では生命の尊さと人間愛を基調に、医師・看護師ともに力を合わせ、病める人々を守り、地域の基幹病院としての自覚を持ち、常に新しくより高い知識の習得と技術の研鑽に励みます。

JA尾道総合病院

ホーム ≫ がん診療連携拠点病院 ≫ がん(癌)とは…? ≫ 「外来化学療法について」

がん診療連携拠点病院

がん(癌)とは…?
≪外来化学療法について≫

がん(癌)とは?
 

外来化学療法について

最終更新日 平成20年12月15日
 

外来化学療法室

 
 当院では、化学療法をお受けになる外来患者さんに安全かつ、より快適な環境で治療を受けていただける様、平成17年9月に「外来化学療法室」を開設致しました。
 開設以来、月平均100名・のべ1000名を超える患者さんにご利用いただいております。

 治療室は・・・
各ベッドにテレビが備え付けてあり、リクライニング式になっていますのでリラックスした状態で治療が受けられます。
治療室内にトイレを完備していますので自由にお使いいただけます。
治療中、飲食は自由です。
常時、看護師が待機しておりますので、点滴中気分が悪くなったりその他変わったことがある場合はすぐに症状に応じた対応を致します。
外来化学療法室での抗がん剤の混合調整は、薬剤師が安全キャビネット内で無菌的に行っています。
 
リクライニングベット 薬剤師による抗がん剤の混合調製
(クラス彊汰乾ャビネットを使用)
 
▲ページトップへ
 
 
btm
 

ページ先頭へ戻る