JA尾道総合病院では生命の尊さと人間愛を基調に、医師・看護師ともに力を合わせ、病める人々を守り、地域の基幹病院としての自覚を持ち、常に新しくより高い知識の習得と技術の研鑽に励みます。

JA尾道総合病院

ホーム臨床研修医の募集 >後期臨床研修の募集

JA尾道総合病院・臨床研修医の募集

後期臨床研修の募集

┗ 研修プログラム『外科』

尾道総合病院外科 平成23年度後期研修プログラム

プログラム名 外科
プログラム責任者 倉西 文仁 広島大学  1983年卒
プログラムの目標 当科の外科臨床研修は、以下の項目を習得することを目的とする
1) 外科医としての人格形成
2) 世界標準レベルの外科的診療能力、手術技術の習得
3) 心臓血管外科、小児外科、麻酔科と連携による幅広い知識、経験
4) 国内・国際学会での発表・論文作成能力の習得
5) 日本外科学会専門医の修練実績、業績
プログラムの特徴 当院は、がん診療連携拠点病院として2006年8月に指定を受け、臓器別専門医が最新の知識、技術を実地臨床に展開し、広島県下有数の手術症例を誇っている。

癌診療では、常勤の病理医による診断、 症例検討や進行癌に対する内科医、放射線科医との集学的治療、緩和ケアなどを行っている。日本外科学会外科専門医制度修練施設をはじめ、 国内の主要な学会の認定・修練施設であり、各臓器専門医のもと最新の外科診療・癌治療における臨床研修が可能である。
低侵襲手術を目指した鏡視下手術は、腹部、頚部、乳腺、呼吸器と全領域にわたり施行され症例数は2006年10月で2500例に到達した。 後期研修で腹腔鏡下胆嚢摘出術、胸腔鏡下肺部分切除などの基本的手術手技の取得は必須であり、さらに専門医が施行する高度な技術を要する鏡視下手術の指導を受ける。

学会活動では、国内の学会参加、臨床研究はもとより海外の学会(世界見聞を広めるために参加期間2週間としている)に積極的に参加しており、 後期研修期間においても国際学会への参加が義務付けられている。他科との連携(心臓血管外科、小児外科、麻酔科)により 単一施設での日本外科学会外科専門医の修練実績の症例経験が可能である。

後期研修プログラム終了後は、当科での職員採用、 各大学医局への入局推薦、学位習得などを希望、現状により検討する。(注意:当科の後期研修プログラムでの日常診療業務は寝食を忘れるくらい忙しいので、 やる気のある者、それなりの覚悟のある者の参加が望ましい。)
研修内容
  • 病棟業務:周術期管理、回診、インフォームド・コンセント、化学療法
  • 来業務:2診・3診での外来診察・外来化学療法・検査(上部・下部消化管造影検査、超音波検査)・処置
  • 当直業務:月4回当直(バックアップ指導医あり)
  • 手術室:外科・小児外科手術日 月・水・金、心臓血管外科手術日 火・木
  • 心臓血管外科(6ヶ月)、小児外科(3ヶ月)、麻酔科(3ヶ月)へのローテーション
  • 術前・術後カンファレンス:月-金 毎朝30分程度、症例提示
  • 院内カンファレンス:消化器症例カンファレンス月2回、呼吸器症例カンファレンス月2回、尾道総合病院オープンカンファレンス月1回、内科外科合同カンファレンス週1回
  • 英文抄読会週2回(学会発表予行練習・報告会を含む)
  • 地域医師会・病院との交流
診療業績 (手術症例数 平成8年度-平成17年度)
  H8 H9 H10 H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17
消化器外科 415 373 416 425 420 407 381 417 449 534
乳腺外科 81 83 75 89 84 102 76 109 115 83
呼吸器外科 55 49 38 40 39 40 40 44 39 66
頚部・体表・内分泌外科 110 114 106 123 125 100 135 134 147 147
合計: 661 619 635 677 668 649 632 704 750 912

関連科手術症例数 (平成17年度)
心臓・大血管26例、末梢血管 44例、小児外科 約100例

研修スケジュール
1年次: 外科9ヶ月、麻酔科3ヶ月:
日本外科学会専門医修練カリキュラム
一般目標1.2、到達目標1,2の取得
2年次: 外科6ヶ月、心臓・血管外科6ヶ月:
日本外科学会専門医修練カリキュラム
到達目標3.4.5の取得
3年次: 外科12ヶ月:
日本外科学会専門医修練カリキュラム
到達目標3の確認、外科専門医予備試験(筆記試験)受験 学会参加(希望)
取得可能資格 日本外科学会外科専門医
学会活動 国内≫:
日本外科学会、日本臨床外科学会、日本消化器外科学会、日本呼吸器外科学会、日本胸部外科学会、日本乳癌学会、日本内視鏡外科学会など

国外≫:
アメリカ内視鏡外科学会、ヨーロッパ内視鏡外科学会、アジア内視鏡学会、インドネシア外科学会など

尾道総合病院 放射線科 指導医一覧 (H22/04現在)

氏名 卒年 専門 役職・資格
黒田 義則 S.44年 広島大学卒 外科全般 尾道総合病院参与
日本外科学会指導医、日本消化器外科学会指導医、日本大腸肛門病学会指導医、日本乳癌学会専門医、広島大学医学部臨床教授
倉西 文仁 S.58 広島大学卒 乳腺・甲状腺外科 外科主任部長
日本外科学会専門医、日本乳癌学会認定医、日本消化器外科学会認定医
則行 敏生 S.63 広島大学卒 呼吸器外科 外科部長
日本外科学会専門医、呼吸器外科専門医、日本胸部外科学会認定医、日本臨床腫瘍学会暫定指導医
中原 雅浩 H.1 広島大学卒 消化器外科 外科部長
日本外科学会指導医・専門医、日本消化器外科学会指導医、日本消化器病学会専門医、日本大腸肛門病学会専門医、日本内視鏡外科学会技術認定医(消化器・一般外科領域)
福田 敏勝 H.2 広島大学卒 消化器外科 外科部長
日本外科学会専門医、日本透析医学会専門医、日本肝臓学会専門医)
住谷 大輔 H.10 広島大学卒 消化器外科 外科部長
日本外科学会 認定医
日本外科学会 専門医
山木 実 H.11 広島大学卒 呼吸器外科 呼吸器外科部長
日本外科学会 認定医
日本外科学会 専門医

お問合せ・お申し込み

お問合せ 〒722‐8508 広島県尾道市平原一丁目10番23号
JA尾道総合病院 人事課 臨床研修担当
TEL:0848‐22‐8111(代表) / FAX:0848‐23‐3214
※上記電話番号、もしくは下記ボタンを押してメールにてお問合せください。

メールでお問合せ

求人情報

がん診療連携拠点病院

看護科のご案内

尾道総合病院看護科での活動内容とご報告です。専門学校情報なども。

JA尾道総合病院のフェースブック

 

ページ先頭へ戻る