JA尾道総合病院では生命の尊さと人間愛を基調に、医師・看護師ともに力を合わせ、病める人々を守り、地域の基幹病院としての自覚を持ち、常に新しくより高い知識の習得と技術の研鑽に励みます。

JA尾道総合病院

ホーム臨床研修医の募集 >後期臨床研修の募集

JA尾道総合病院・臨床研修医の募集

後期臨床研修の募集

┗ 研修プログラム『放射線科』

尾道総合病院放射線科 平成24年度後期研修プログラム

プログラム名 放射線科
プログラム責任者 木曽 哲司 徳島大 1973年卒
プログラムの目標 放射線科専門医資格取得のための研修。
一次試験と二次試験合格後取得できる。一次試験は初期臨床研修終了後、放射線学会認定修練機関で研修2年終了すること(卒後最短で5年)。二次試験は一次試験合格後、診断・核医学、あるい は治療のどちらかの専門分野について学会修練機関で2年間研修すること(卒後最短で7年)。
プログラムの特徴 放射線科専門医修練機関であり、専門医をめざして研修できる。
常勤病理医と18診療科があり、臨床放射線医学について幅広く研修できる。
外来・病棟があり、医療における人間関係に理解が深まり、あわせて医の倫理を体得できる。
院内・外の研修・勉強会に参加して、医師としての資質の向上が図れる。
研修内容 マルチスライスCT・MRIを使用経験すると共に、人体解剖・病気の診断・単純写真の役割・造影剤等について研修する。
核医学はインビボを中心に、ガンマカメラ(SPECT-CT)で基礎から 臨床を研修する(核医学専門医あり)。
超音波・消化管造影は希望あれば研修できる(超音波専門医あり)。 放射線治療の適応と化学療法及び緩和ケアについて研修できる。 治療計画CT,治療計画システム、多分割コリメータ等の治療計画 について研修でき、脳定位放射線治療について研修できる。
IVRは血管造影治療中心であるが、動注療法・塞栓術・拡張術・ リザーバ留置について研修できる。
診療業績 平成21年度
CT(ヘリカルCT、マルチスライスCT):10,812件
MRI 2台(1,5T):4,572件
ガンマカメラ 1台:993件
放射線治療: 6,232人(新規治療患者さん)245人
研修スケジュール 週10単位(週5日で午前、午後各1単位)とする。
CT、MRI, 放射線治療 各2単位
核医学、血管造影、病棟 各1単位
希望 1単位
取得可能資格 日本医学放射線学会専門医
日本核医学会専門医
学会活動 日本医学放射線学会中国、四国地方会(世話人)
山陽核医学カンファレンス(世話人)
広島県放射線医会(世話人)
広島県IVR研究会(世話人)
広島県東部放射線医会(世話人)
演題発表(5〜6題)、論文(1〜2編)

尾道総合病院 放射線科 指導医一覧 (H22/04現在)

氏名 卒年 専門 役職・資格
木曽哲司 S48.徳島大卒 画像診断、血管造影 副院長
放射線科専門医、放射線科指導医
森浩希 H3.広島大卒 画像診断、核医学 放射線科主任部長
放射線科専門医、放射線科指導医、核医学専門医
高澤信好 H5.広島大卒 放射線治療、緩和医療 放射線科部長
放射線科専門医、放射線科指導医
目崎一成 H5.高知医科大卒 画像診断、超音波 放射線科部長、医学博士
放射線科専門医、放射線科指導医、超音波専門医

お問合せ・お申し込み

お問合せ 〒722‐8508 広島県尾道市平原一丁目10番23号
JA尾道総合病院 人事課 臨床研修担当
TEL:0848‐22‐8111(代表) / FAX:0848‐23‐3214
※上記電話番号、もしくは下記ボタンを押してメールにてお問合せください。

メールでお問合せ

求人情報

がん診療連携拠点病院

看護科のご案内

尾道総合病院看護科での活動内容とご報告です。専門学校情報なども。

JA尾道総合病院のフェースブック

 

ページ先頭へ戻る