JA尾道総合病院では生命の尊さと人間愛を基調に、医師・看護師ともに力を合わせ、病める人々を守り、地域の基幹病院としての自覚を持ち、常に新しくより高い知識の習得と技術の研鑽に励みます。

JA尾道総合病院

ホーム ≫ 診療のご案内 ≫ 診療支援/事務 部門一覧 ≫ 診療情報管理科

1-1診療情報管理科 / 概要

診療支援/事務 部門 「診療情報管理科」 のご案内です。 当科の概要、診療の内容、先生の紹介や実績などをご案内いたします。当科メニューの中からご覧になりたい項目をクリックすると、詳細ページへリンクします。

当科メニュー
  • 概要
はじめての患者さんへ
診療情報管理科 診療情報管理科は科長を含む職員2名と委託職員3名で日々の業務を行っております。

主な業務内容
●DPCに係わる業務
 当院では、DPC(診断群分類別支払方式とでも略すのでしょうか)による診療報酬支払方式を導入しています。1入院後毎に診断名と実施された手術・処置などによってDPCコードが付与され、コード別に包括部分の支払い額が決定されるという方法です。同時にこのDPCコードに関する内容は厚生労働省に報告し、提供した医療を全国のDPC病院と比較検討する公開データとなります。
 医師の診断情報を基に、DPCコードを採択しているのが私達です。

●がん登録
 がん診療連携推進病院の指定を受けており、地域がん登録、院内がん登録を担当しています。得られた情報は適宜、広報誌などを通じて公開しています。

●退院サマリー管理
 1退院毎に医師の作成した退院要約を、統計データとして活用できるようにシステムへの登録作業を行っています。

 
btm
 

ページ先頭へ戻る