JA尾道総合病院では生命の尊さと人間愛を基調に、医師・看護師ともに力を合わせ、病める人々を守り、地域の基幹病院としての自覚を持ち、常に新しくより高い知識の習得と技術の研鑽に励みます。

JA尾道総合病院

ホーム ≫ 診療のご案内 ≫ 診療支援/事務 部門一覧 ≫ リハビリテーション科

1-1リハビリテーション科 / 概要

診療支援/事務 部門 「リハビリテーション科」 のご案内です。 当科の概要、診療の内容、先生の紹介や実績などをご案内いたします。当科メニューの中からご覧になりたい項目をクリックすると、詳細ページへリンクします。

リハビリテーション科 <概要>    
リハビリテーションセンターは、明るく見晴らしのよい7階の最上階に位置します。別に1階心臓血管センターとなりに心臓リハビリテーション室をもうけ、運動負荷試験装置を設置し、入院、外来患者さんの心臓リハビリテーションを行っております。

当院リハビリテーションセンターは病院の理念・基本方針に基づき、医師の指示の元、急性期病院として疾病、外傷に対するリハビリテーションを早期から行い、定期的なカンファレンスや回診等で、医師・病棟看護師など多職種と連携を密にとり、1日でも早く実用的な日常生活活動を実現し、早期退院できるよう取り組んでいます。
退院時には、患者様一人ひとりのニーズや身体機能、生活場面に応じて、退院後の生活が安全に不安なく送れるように指導を行っております。
転院される患者様にはその後のリハビリテーションが円滑に行われるように他の医療機関や介護保険関連のスタッフともカンファレンスやリハビリテーション経過報告書等で連携をとり、必要な情報を提供するようにしています。

<スタッフ>
○リハビリテーションセンター長:副院長 
〇理学療法士11名、作業療法士4名、言語聴覚士2名、助手1名

<認定資格など>
〇神経系理学療法(脳卒中)認定理学療法士 1名
〇呼吸療法認定士 9名
〇心臓リハビリテーション指導士 3名
〇AMPS認定評価者 2名

<施設基準>
運動器疾患リハビリテーション   
脳血管疾患等リハビリテーション 
呼吸器疾患リハビリテーション   
心大血管疾患リハビリテーション 
廃用症候群リハビリテーション   

がんのリハビリテーション

<チーム活動、参加>
呼吸療法委員会チーム
癌診療支援チーム
NSTチーム
糖尿病教室
心不全教室

 
btm
求人情報

がん診療連携拠点病院

看護科のご案内

尾道総合病院看護科での活動内容とご報告です。専門学校情報なども。

著書・学会発表・論文発表

JA尾道総合病院のフェースブック

 

ページ先頭へ戻る