JA尾道総合病院では生命の尊さと人間愛を基調に、医師・看護師ともに力を合わせ、病める人々を守り、地域の基幹病院としての自覚を持ち、常に新しくより高い知識の習得と技術の研鑽に励みます。

JA尾道総合病院

ホーム ≫ 病院の紹介 ≫ 病院長あいさつ

病院の紹介

病院長あいさつ

JA尾道総合病院・病院長からのごあいさつです。

尾道総合病院・病院長あいさつ
 

1-1病院長あいさつ

「良質で安全な医療提供」を目指して 病院長

 JA尾道総合病院は昭和32年に開院し、医療法に定められる公的病院として、がん医療、救急医療、小児・産科医療、災害医療など、地域になくてはならない分野を重点的に担ってまいりました。平成23年には現在の平原の地、尾道水道を見下ろす眺望の良い場所に移転し、本年(平成29年)には創立60周年を迎えようとしています。
 医師減少傾向の顕著な尾三地域二次医療圏において、平成27年4月に「地域救命救急センター」を開設し、平成29年4月には形成外科診療への対応も開始するなど、本医療圏の中核病院としての責務を果たしていく所存です。 以下、当院の取り組みについて概要を紹介いたします。

がん医療

 「地域がん診療連携拠点病院」として、わが国や世界の標準的あるいはそれ以上の質の高いがん医療を提供することができるよう様々ながんに対して各診療科が協力して診療を行っています。また、がん診療支援チーム(緩和ケアチーム)が、患者さんとご家族の価値観を尊重しその人らしく生きるためのお手伝いをしています。
 特に膵臓がんに関しては消化器内科において、「尾道プロジェクト」として医療連携をベースに医師会や行政の協力のもと早期発見・治療に努めた結果、生存率が改善するなど良好な治療成績が得られつつあります。一般の方にはNHK Eテレや新聞、雑誌などメディアを通じて紹介されている所です。

救急医療

 「地域救命救急センター」は救命医学・集中治療専門医を擁し、それまで広島市と福山市の間に空白であった尾三医療圏を中心とした3次救急を担っています。加えて尾三地区2次医療圏の中核病院として救急医療体制を確保し提供しています。
 また「広島県小児救急医療拠点病院」の県内3病院の1つとして、365日24時間態勢で小児救急医療に対応しています。
 さらに「地域周産期母子医療センター」として新生児・産科医療を守っています。
 同様に脳卒中などの他、心臓血管センターでは、急性心筋梗塞などに対し循環器内科と心臓血管外科が協力し、チームで診断・治療を行っています。

災害医療

 「災害拠点病院」の指定を受け、地震・津波・台風等の自然災害や大規模な航空機あるいは列車・交通事故等に対して、通常の医療体制では被災者に対する適切な医療を提供することが困難な災害時に、初期救急医療体制として傷病者の受け入れや医療救護班(DMAT)の派遣等に備えています。

チーム医療

 全ての診療科・部署・スタッフが垣根なくチーム医療を行っています。医療安全管理室を中心とした専門スタッフが、安心安全な医療が提供できる体制をとっています。栄養サポートチーム(NST)、感染対策チーム(ICT)、呼吸サポートチーム(RST)、褥瘡対策チームなどがあり、認定看護師なども含めた多職種からなるスタッフが最適な治療のために活動しています。

医育機関

 「臨床研修指定病院」として今年度(平成29年度)は6名の初期研修医を迎えることとなりました。また「広島大学医学部医学科臨床実習病院」として医学部5・6年生が臨床実習を行い、県立広島大学や厚生連尾道看護専門学校など、多くの医療系大学あるいは専門学校等の各分野における実習を受け入れ、医療系教育に努めています。

地域連携

医療福祉支援センターを改組し入退院支援と地域連携をよりシステム化し、「地域医療支援病院」として圏域の医師会や自治体との十分な連携・協力を行いながら地域住民の方々に健康と安心を提供していきます。

 地域の医療を守ることは当然のことながら、病院内においては医療安全管理室を中心にさらなる医療安全に取り組み、加えて病院スタッフが生きがいを持って医療に従事できるように、中核病院として自覚し責任感を持って医療を行う所存です。

 今後もスタッフと一丸となり病院の一層の充実・発展に努め、地域医療を守ることに尽力していく所存でございます。尾道総合病院に対し、従来と変わらぬご支援とご鞭撻をお願いいたします。

平成29年7月
JA尾道総合病院 病院長

杉田 孝

 
btm
求人情報

がん診療連携拠点病院

看護科のご案内

尾道総合病院看護科での活動内容とご報告です。専門学校情報なども。

JA尾道総合病院のフェースブック

 

ページ先頭へ戻る