JA尾道総合病院では生命の尊さと人間愛を基調に、医師・看護師ともに力を合わせ、病める人々を守り、地域の基幹病院としての自覚を持ち、常に新しくより高い知識の習得と技術の研鑽に励みます。

JA尾道総合病院

ホーム ≫ がん診療連携拠点病院 ≫ 膵がんプロジェクト

がん診療連携拠点病院

膵がんプロジェクト

膵がんプロジェクト
 

膵がんプロジェクト

膵(すい)臓は、胃の後ろの体の深部に位置していることから、がんが発生しても症状が出にくく、早期の発見は簡単ではありません。すい臓がんでお悩みになっている患者さんのため、また今後のすい臓がんに対する考察を深めるために「膵がんプロジェクト委員会」をJA尾道総合病院で立ち上げました。

 このプロジェクトは、従来から在宅緩和ケアシステムの整備を通じて良好な病診連携が構築されていた尾道市医師会において、病診連携を基軸とした『膵癌の早期診断の体制作り』に結びつけるべく、当時医師会長であった片山壽先生の御尽力で、2007年に開始されました。

 具体的には、まず中核病院から地域連携施設に、日本膵臓学会発行の“膵癌診療ガイドライン”に記載されている危険因子を啓発するとともに、中核病院に整備された超音波内視鏡(EUS)、磁気共鳴胆管膵管造影(MRCP)など、膵に関する非侵襲的画像診断の有用性、腹部超音波(US)スクリーニングでの軽微な膵管拡張の重要性を啓発するとともに、US撮像法の講習等を実施しています。

 一方、連携施設では、危険因子を複数以上有する症例等を中心にUSを施行し、異常所見を認めた場合には中核病院に積極的に紹介、CT、MRCP、EUSなどの非侵襲的な画像診断を中核病院の外来で施行することを基本的なコンセプトとしています。

膵癌早期診断プロジェクトの概念
膵がんプロジェクト資料(PDFダウンロード:0.76MB)

膵(すい)がん教室

「どんな病気?」「どんな人がなるの?」「どんなお薬絵を使うの?」「治療法はどうなるの?」など、患者さんとそのご家族を対象にお話ができる教室です。
参加費無料&申し込み不要で、体調に応じて出入りも自由です。

btm
求人情報

がん診療連携拠点病院

看護科のご案内

尾道総合病院看護科での活動内容とご報告です。専門学校情報なども。

当院は(財)日本医療評価機構による認定を受けています。

JA尾道総合病院のフェースブック

 

ページ先頭へ戻る